HOME > ベースメイク > 今年リニューアルしたCHANELのCCクリーム。より塗りやすくなったと噂のテクスチャーにも注目です。

今年リニューアルしたCHANELのCCクリーム。より塗りやすくなったと噂のテクスチャーにも注目です。

2018.08.03

テカリ、崩れ、乾燥、そしてもちろんUVケア、、
夏のベースメイクには気をつけるべきポイントがいっぱい!

kumaco

デザイナー

kumaco

乾燥肌&敏感肌。
基礎モノ好き。
ポイントメイク修業中!

夏のベースメイクがたった1工程で済むなら、とっても助かりますよね。
だけどやっぱり年齢的にも仕事的にも、ちゃんとした印象には見られたい気持ちも勿論あり。
そんなわがままな気持ちに応えてくれる、CHANELの究極のCCクリーム。
リニューアルしてさらに良くなった!ということで
早速夏のお助けアイテムとして手に入れてきました。

シャネルのCCクリームのCCとは、Complete(完璧)にCorrection(補正)!
なのに仕上がりはナチュラルな印象、というまさに完璧なクリーム。
さらに天然ポリフェノールやビタミンCなど様々な美容成分も配合されているなど、スキンケア効果も。
細胞の防御力を高めて酸化ストレスやエイジングサインを制御して、肌をなめらかに導いてくれるのだとか。

色は2色展開。
今回のリニューアルで新しく追加された
日本人のために開発された限定色「21」が気になっていたものの、
私の肌には「10」とのことでそちらを。

テクスチャーは他のCCに比べてさらっとしていて塗りやすく感じます。
伸びの良さは感動的!ピタッと密着感があるのも頼れる印象です。

実際に顔に伸ばしてみます。
薄づきでナチュラル、なのに透明感がUPする気がします!
とにかくカバー力!な仕上がりが好みの人には物足りないかもしれませんが、
私の好み的には充分満足でした。
しっかりSPF50でこの軽いつけ心地、夏には本当にうれしい~!

CCクリームの中でも高級ラインのCHANELですが、
伸びの良さを考えると実はコスパもそんなに悪くないのでは?
と思ってしまうくらい少量できちんと肌に変身できます。
もう暑くてたまらん?な日々が来ることが予想できる今年の夏の、
強い味方になってくれそうですよ!

BBと並んで時短の味方、CCクリーム。高級ラインのCHANELがコスパ◎なんて、これは試したいところです。 デパコスのレビューに定評のあるkumacoさん、ユーザー登録して更新情報もチェックしてくださいね!

2018.08.03

この記事で紹介したコスメ

こちらに掲載されている情報は当サイト掲載時の情報です。
成分の変更などにより、最新の情報と異なる場合がございます。

CHANELCC クリーム N 日やけ止め乳液/メークアップベース

6,300円(税抜)

全成分表示

水、酸化亜鉛、酸化チタン、カプリリルメチコン、グリセリン、メトキシケイヒ酸エチルへキシル、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、フェニルトリメチコン、エタノール、メチルトリメチコン、BG、水添ポリイソブテン、トリエトキシカプリリルシラン、フェノキシエタノール、ステアリン酸、(ジメチコン/(PEG-10/15))クロスポリマー、塩化Na、ソルビン酸K、アルミナ、香料、水酸化AI、ジメチコンクロスポリマー、ジステアルジモニウムヘクトライト、ラウロイルグルタミン酸Na、ヒアルロン酸Na、テルミナリアフェルジナンジアナ果実エキス、リシン、シリカ、炭酸プロピレン、ヒアルロン酸、シラントリオール、塩化Mg、DPG、クエン酸、ソルビン酸、BHT、トコフェロール、酸化鉄

これいい!!と思ったらシェアしよう

RELATED POSTS関連記事

OTHER POSTSその他の記事