2019.11.03

仕上がりが違う!ほのかに輝くクリニークのお粉でキラキラ女子度を上げる!

コタロ
ライター:
コタロ
リキッドファンデーションのお仕上げに使う人も多い、フェイスパウダーこと「お粉」。種類も多く、選ぶのも大変ですよね!そこでここでは、秋や冬にもピッタリなクリニークのお粉を紹介しています。

使うお粉で仕上がりやモチに違いが出る

肌のきれいな女性が頬にブラシを当てている

お粉といっても、肌にのせたときに色がつかないものもあれば、見た目肌色のカバー力のあるもの、テカリを抑えてくれるものなど用途によって選べるほど種類は豊富ですよね。

色味ももちろん大事ですが、私はお粉を選ぶときに粒子細かさをチェックしてから購入しています。

粒子の細かいお粉は、肌馴染みが良くナチュラルに仕上がるものが多いです。

お粉をチョイスするときは、手の甲にのせ、粒子の細かさを見てからがおすすめです。

しかし、手の甲は日焼けして顔と色が違う人も多いです。

色味チェックをするときは手の甲を顔の横に持っていき、鏡を見ながらもしくは首に近い色を選ぶと良いでしょう。

そんなこんなで、今回コタロがご紹介するのは、すごく粒子が細かくて付け心地がサラサラな、クリニークの「イーブンベターブライトニングルースパウダー」です。

クリニーク イーブンベターブライトニングルースパウダー

黒い背景に蓋が開いたクリニークのお粉が置かれている

プチプラコスメが好きな私にとって、お値段的には決して安くはない6,000円以上するクリニークの「イーブンベターブライトニングルースパウダー」

安くはないけど、気に入って何回もリピしている商品の一つです。

なんとこのお粉、細かいパウダーの中にキラキラと輝くラメも入っています。

ラメもものすごく細かいので、パッと見ではほぼ分かりません(笑)

でも角度が変わるとうっすら、キラキラ輝くので肌がいつもより美肌に見えるかも?

色味はほとんどなく(どちらかというとちょっと白っぽい)、公式には半透明で肌が1トーン明るくなりひんやりクールな使用感とありますが、期待したほどひんやり感はなかったです。

(公式を見るまでひんやりとしたクール感に気付かなかった…(;^ω^)ので、冬に使っても特に寒く感じません(笑))

いざ!使ってみよう

箱から取り出し、蓋を開けるとこんな感じです。

黒い背景に蓋が開いたクリニークのお粉が置かれている

フィルムがあります。

このフィルムを全部剥がしてしまうと、使用する際に中のお粉が思った以上に大量に出てきてしまうのでフィルムは半分くらい捲って使うのが、個人的にはおすすめです。

(今回はここで紹介するために、全部捲って剥がしています。)

使い方としては、半分くらい捲ってから折り目を付けて1回蓋を閉じ横に振るとお粉が上に出てくるので出てきた分をハケで塗ります。

この時、横に何回も振るとお粉が上に出過ぎるのでご注意を。

ハケに付き過ぎたお粉は、蓋の裏側にクルクルと擦り付けて取りましょう。

手の甲に塗ってみました。

ベースに以前紹介したKATEのリキッドファンデーションを塗りましたが、お粉の密着度も良く肌のトーンが明るくなったように感じました。

このお粉、付けすぎると白くなりすぎてしまい、首と色が違いすぎるなんて、悲惨なことにもなりうるので、量は調整してから使いましょう(;^ω^)

あわせて読みたい

クリニーク イーブンベターパウダーを使ってみた感想

密着度も高く、モチも良いので気に入っていますが…

このお粉についているハケがちょっと使いづらいなと感じました。

私と同じようにちょっと使いづらいと感じた人は、100均や300円で買える筆を使うのもおすすめです。

(私は、自前の筆の方が使いやすいのでそれを使っています。)

キラキラ度も強すぎないので、年齢を問わずゴリ押しできるお粉です(笑)

秋は日中と朝晩で温度差、冬は外と室内の温度差があり、メイクが崩れやすくなる人にはピッタリなお粉です。

ぜひ使ってみてくださいね。

(文:コタロ/編:コスメクリップ編集部)

2019.11.03

コタロ
この記事を書いた人
フリーライター コタロ

コスパの良いコスメがとにかく好き♡基本「ズボラ」なので、いかにラクして美肌になれるか模索中。