2019.07.18

顔全体が若々しく変身する!? KATE(ケイト)レタッチペイントパレット 体験レビュー!

岸田茉麻
ライター:
岸田茉麻
1つでクマ・シミ・ニキビ跡・くすみをカバーしてくれる!昨年の販売から話題を呼んでいるKATE「レタッチペイントパレット」を体験してみました♪

顔全体が若々しく変身する!? KATE (ケイト)レタッチペイントパレット

こんにちは、コスメコンシェルジュ・美容ライターの岸田です。

最近、鏡で自分の顔を見ると「疲れてるな…老けてるな…」と感じることが多いんです。メイクをしても顔が疲れて見えたり、老けて見えたりする。

その理由は、顔全体のくすみ、部分的なシミやニキビ跡、また目の下にあるクマが目立っているから……!

カバー力の高いファンデーションを使えばキレイに隠れるものの、時間が経つとともにシミやニキビ跡、クマが目立ってしまうのは大問題ですよね。

そこで私が注目したのは、KATE「レタッチペイントパレット」です!

ケイト レタッチペイントパレット 花添え

コンシーラー3色にハイライトが1色という便利なコンパクト。肌悩みをカバーするだけではなく、透明感をプラスすることで疲れた印象ともおさらばできそう♪ 体験レビューとともに、KATE「レタッチペイントパレット」の特徴をご紹介します♡

商品名
KATE レタッチペイント パレット
ブランド
KATE

シミ・ニキビ跡に使ってみる

ケイト コンシーラー 使用

まずは体験レビューから。

パウダーファンデーションを使う方は化粧下地の後に、リキッドファンデーションを使う方はファンデーションの後に使用してくださいね!

今回使用するのは、「クマ消し※ パレット」の01です。

「赤み消し※ パレット」の02と共通しているのが、パレット左側のライト&ナチュラルベージュ。シミ・ニキビ跡などのカバーに使うコンシーラーです。

チップを使い、2色のコンシーラーを混ぜ合わせながら地肌に近い色を調整していきます。そして、気になる部分よりも少し大きめにコンシーラーをのせ、放射線状に伸ばしていきましょう。

(※メイクアップ効果でカバーすること)

色素が沈着していたニキビ跡も、しっかりカバーできました♡

しっとりめのテクスチャーですが、ヨレにくいので長時間カバーも期待が持てそう。このうえにパウダーファンデーションを重ねれば、コンシーラーと地肌の色味もフラットになるので自然な仕上がりになります♪

放射線状に伸ばすことが難しければ、指をポンポンと軽く叩きながらなじませるとキレイに仕上がりますよ。

同じ要領で口元にも使ってみました!

先ほどと同じ要領で、くすみがちな口元にも使ってみました◎

口角部分に「ク」の字でコンシーラーを塗り、指でポンポンとなじませていきます。すると、口元のくすみがメイクアップ効果で消えて、キリッと引き締まった感じに仕上がりました!

口角が引き締まると口元が若々しく見えるのは気のせい……?

クマに使ってみる

次はコンシーラーでクマをカバーしてみます。

私はアレルギー体質で目をよく擦るクセがあるので、目元の色素沈着やくすみ、小じわがどうしても目立ってしまうんです(泣)

まずはパレット右下のオレンジ色を使い、目頭下のくぼみに塗布していきます。(クマの範囲によって伸ばしても◎)

このあと、シミ・ニキビ跡のカバーで使用したライト&ナチュラルベージュの2色を指にとり、先ほど塗布した部分の上に重ねます。

指で塗り広げるとよれてしまうかもしれないので、ポンポンと置くくらいの感覚でいいです。

目元のクマがカバーできたのはもちろん、どことなく涙袋がふっくらして見える印象に仕上がりました♪

いつも明るめのアイシャドウを重ねてごまかしていた目元ですが、粉っぽさや小じわが目立つことも。

一方、KATE「レタッチペイントパレット」を使うことで自然なカバー力が実現できたので、大げさかもしれませんが●歳若返った気分がします……///

最後の仕上げにハイライト

ハイライトを使用するタイミングは、ファンデーションの後です◎

頬骨の中心から目尻付近にかけて、また鼻筋などの光が集まりやすい部分にプラスしていきます。
パレット右上のハイライトピンクを指に取り、頬骨や鼻筋にポンポンのせましょう。

コンシーラーのようにしっとりさがなく、肌になじませた瞬間パウダーのようにさらさらした質感に変わりますよ♪

部分的に使うだけで顔全体のくすみがカバーでき、透明感のある仕上がりになります!

◇ ということで、パレット全部を使ってクマ・シミ・ニキビ跡・くすみがナチュラルにカバーできたと思います。

チップを使うことで細かい部分まで塗ることができますが、色味をしっかり入れたいならチップではなく小指や細い綿棒を使うとやりやすいです◎

個人的にはもう少しカバー力が欲しいな……というところが本音ですが、このあたりはコンシーラーの色を混ぜながら調節することで改善が期待できそう!

口周りの黒くくすんでしまっている部分にも使いやすかったです。

まとめ

今回トライしたKATE「レタッチペイントパレット」、使い方次第でシミやくすみなどのマイナスポイントをキレイにカバーできることがわかりましたね♪

特に、目元のクマは疲れている印象や老けて見えるポイントでもあるので、時間が経っても目立たないようにしっかりカバーすることがポイントです!

KATE「レタッチペイントパレット」は販売店舗が限られているので、売り場が見つからない方は通信販売でGETしてくださいね。

コスメクリップでは、以前にもKATEの人気コスメを紹介しています。よろしかったら詳しく読んでみてくださいね^^ 

KATEの記事はコチラ↓

(文:岸田茉麻/編:コスメクリップ編集部)

2019.07.18

岸田茉麻
この記事を書いた人
コスメコンシェルジュ/美容ライター 岸田茉麻

元美容部員、現役コスメコンシェルジュの美容ライターです!ひたすら若作りに取り組み、コスメ収集しています。プチプラからデパコスまで「いい!」と思った商品、また美容に役立つ情報を積極的にご紹介します♪